ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、国と国との間での友好関係を促進するための制度です。
参加資格は日本国籍の日本在住者。
18歳から30歳までの人(一部18歳から25歳まで)ということになっています。
これはどの国へでもということではなく、国と国の制度なので行ける国は決まっています。

参考:ワーキングホリデー協会ホームページ

ワーキングホリデーでできること

普通に英語を学ぶと言う目的で語学留学する場合には学生ビザが発行されます。
ですので、原則アルバイトはできません。

 

でも、このワーキングホリデーという特殊な制度を使うと特別なビザが取得できるので、
海外で暮らす・学ぶ・働く・旅行するといった体験が全部できてしまうのです!!

 

どういった仕事をしているのかというと、多いのは日本食レストランでのアルバイトでしょうか?
ベビーシッター、をしていた友達もいましたね。
ギフトショップやツアーガイド、日本語講師として働くなんてこともできます!

 

次のページ:語学留学とは