私のホストファミリー☆2人の男の子

私のホストファミリー☆2人の男の子

当時5年生だったお兄ちゃん。そして3年生だった弟。
2人ともとってもいい子だった。
2人とも日本人と接するのは慣れたものでしたね。
弟はまだまだひとなっつこく、私の部屋にもよく遊びに来た。

 

理由はおやつ?!!!
「machi(私のこと)、これ食べていい?」
と机のうえのバスケットにはいっているキャンディーやらクッキーやらを食べる。
お兄ちゃんは遠慮なのかそれは私のものだからおねだりするのはいけないと思っているのか、こちらから食べる?と聞くか、弟に便乗してやってくるか・・^0^

 

不思議だったのが、弟が好んでいつも「食べてもいい?」と私に聞くのは
なんと梅味のキャンディーだったんです!
「おいしい!おいしい!最高!」って。(笑)
お兄ちゃんのほうは、おいしくないって捨ててましたけど!!!

 

でも、日本人向けの味だし、それにどっちかというと、大人向け?ですよね。
日本の子供でもあんまり食べないのではないでしょうかね?

 

2人はいつもガレージでテレビゲームをしてましたよ。
近所のお友達もたくさん集まっていて、ニンテンドーのゲームやってましたね。

 

2人ともお風呂がキライでね。外国人はお風呂あんまり好きじゃないみたいですね!
2人がつかうシャワールームは私がつかうのと同じだったんですけど、ふたりが使った後はまぁ汚い汚い・・・・・。
土がいっぱいでね・・・まいったよぉ。

 

一番のエピソードといえば
たまに、弟は本読みの練習を私と一緒にしてたんだけどね、
なんで、言葉もまともに話せない私がスラスラ絵本を読むのを聞いてすごくビックリしてましたね。
M美、なんでしゃべれないのに上手に読めるの???って
だって、日本人ですから・・・ハハハですよね。

 

私と3人でお留守番なんてこともあったけど、ママにM美のいうことはちゃんとききなさいよっていわれててね、よくいうことも聞くいい子たちでしたね。
最近ではポストカードでしかお目にかかれませんが、なんと立派な男子になったことでしょう!!!

 

次のページ:私のホストファミリー☆グランパ