アメリカの語学学校

レベル6の授業!!まいったぁ?!

このクラスでの授業、始めは苦痛以外の何ものでもなかったです。
本当にただ、ただツライ・・・。
というのは、自分のレベルがそこにないということを痛感させられたから。

 

先生の話しているスピード、内容などがまったくついていけない。
もちろん、意見を求められても、おどおどしてしまって・・体重がグッと落ちました!!

 

テキストの内容もなんだか、「なんだぁ???」って感じだったし、だいたいほとんどテキストを使わない。
フリートークみたいなものや、新聞記事などから。
余談なんかも多かったけど、内容が政治などのことだったり・・・
で、結局一番の反省点はあまりにも、いろんな事に対して無関心だった自分。

 

何を聞かれてもそれに対して意見がないから、また答えられないというつらさを味わいましたね。
例えば日本の選挙にたいして、政策にたいして何か不満なことは??教育のシステムはどうなの?
などときかれて、意見を私自身がどう思っているか?を聞かれてもそれに対して自分が興味がなかったこと。
もちろん私の意見を聞かれているだけなので答えに不正解はないわけです。
なのに、「あれ?私どう思ってるんだろう?」って。
もう20歳後半なのに、何やってるんだ??ってすごく反省しました。

 

クラスメートはもう長く4ヶ月以上は、アメリカに滞在しているような人ばかりで、
中には、彼氏が外国人で一緒に暮らしているとか!!普段、禁止されているアルバイトをしているとか・・・。
なんだか現地に溶け込んでいるような人たちばかりのようにみえて、気後れしましたね。

 

人数も5、6人という少数クラス。彼らはもう話せる??からか欠席することも多く、
3人で授業なんていう日もあり・・・そんな日はもう・・・・
映画の授業もあったけど、みんなどれぐらい理解してたんだろう?
私は・・・まったくでしたよ。でも映画なんで楽しめたりもしました。

 

最初の1ヶ月はとにかく授業がつらかったけど、レベル6で授業を受けられている自分をちょっとほめてやりたいと思って頑張ってましたね。

 

次のページ:英語授業中での苦痛 - アメリカ留学体験記