アメリカの語学学校

テストについて

テストは基本的に1ヶ月に1度あったと思います。
その月の締めと言う感じでテストがありましたね。
その結果によって、クラスが変わります。

 

ひとつ、上のレベルのクラスにあがったり、また、ひとつ下ののレベルへ行くことも。
そのテストが終わったら、専門のコース、TOFELのコースへ行く人もいてましたね。
テストの内容や方法もクラスとそのクラスを受け持っている先生によってはいろいろ。

 

クラスを受け持つ先生も、そのテストによって交代したりするのでね、
レベルが高いクラスを持っている先生も下のレベルのクラスにもなったりするので、
テストの方法は本当にいろいろでした。

 

ずっと同じ先生の授業を受けている場合は、その先生のテストの出し方は同じだったりするので、
傾向があったりもしますが、初めてのその先生のテストを受ける場合はどんなテストなのかさえ分かりません。

 

私が留学をしていた時期はとにかく人数が多く、教室は足りない、先生は足りない。
なんてこともあって、1ヶ月だけ、臨時の先生が来たり、普段は事務のほうで仕事をしている人が、
教室をもったりということもありましたね。

 

そんな時は本当にテストの傾向も読めない!!
テストは授業時間に実施されます。
ペーパーテストの場合もあれば、先生によっては口頭でという人も・・・・これにはまいった!!

 

エッセイがテストという先生、テキストに忠実に出題される先生もいました。
テキストがあるのに、ほとんどテキストを使用しない先生もいてたので・・・・。
テスト前はやっぱり一生懸命に勉強してました。
やっぱり、クラス編成にも影響があるので、頑張りましたね。

 

次のページ:アメリカ語学スクールでの、個性豊かな先生達