英会話学校の海外校

英会話学校の海外校は日本人ばっかり?

日本の大手英会話学校の海外校ということで、生徒はほとんど日本人。
当たり前ですよね。
それでも外国人もいましたよ!

 

私が在学中にはカザフスタン人の男性1名、女性2名。
トルコ人の女性。フランス人の男性。
スペインからの高校生が夏休みには何名か来ました。
あとは韓国からの小学生が数十名やってきたこともありましたねぇ。
このときは生徒がいっぱいで、私達は教室を追い出されて、
近くのマンションの会議室で一時レッスンをうけていたこともありますよぉ。

 

もっと他にもいたのかもしれませんが、私が在学中で知っているのはこんなぐらいかな?
同じクラスになったらわかるんだけど、違うクラスだと交流はないので分かりません。

 

年齢層はほとんどは学生でしたね。
なので19歳-20歳前半の方がほとんどだったと思います。
25歳を超えていたのは私を含めて10人もいなかったでしょうね。
多分5人ぐらい。ハハハ・・・・。

 

いったん社会人を経験してから来たという人ももちろんいました。
男女の割合から言うと、半々ぐらい。
若い子は男の子もたくさんいてましたねぇ。
若い子は若い子達でわいわいやってましたよ。
自然とそうなるのかな?私は私達の年齢に近い子達でやっぱり集まってたという感じでした。

 

学生の子達は休学して来たという人。
ダンスを習うためにアメリカへ来たという人。
インターンシップを2ヶ月後に控えているその前の語学留学だという人。
サーフィンをしに来たなんて言う、うらやましい人。
会社で英語が必要だから休みをとってきていたジュニア。
アメリカの自宅から通ってましたね。

 

カザフスタン人の人は永住権を獲得するためとか。夫婦で来てましたよ。
同じ学校にどうしてこなかったのかな?奥様は別の学校へ通っていたようでした。
私と同じく、留学のために会社を辞めてきた人。
いろんな人がいてましたね。

 

次のページ:アメリカ留学での同級生フランス人はおしゃれなピアニスト